2019.2.20(Wed)

老け手を防ぐ、ハンドケアのすすめ


Notice: Undefined variable: post_id in /home/users/web06/7/7/0273477/www.dermarise.net/wp-content/themes/dermarise/single.php on line 30

Notice: Undefined variable: format_value in /home/users/web06/7/7/0273477/www.dermarise.net/wp-content/themes/dermarise/single.php on line 30
春がもうすぐそこまでの陽気を感じます。 ちょっと暖かくなるとホッとしますが、手足の冷えはまだまだ油断できないですよね。 気が付くと、手先はカサカサで、爪の乾燥・指先のわれ・指の根もとの白い粉ふき・手の甲のシワ、からの~血管が太く青く浮いている。

首と手は年齢が出ると言われます。
じっと見られたくないのは、首と手ですよね。ましてや老け手なんて言われたくない!

癒しのハンドマッサージなども流行っています。
ネイルケアのついでにやってもらったこともあるのでは?

お顔のお手入れは毎日気を付けている方も、ハンドケアは手抜きになっていませんか?

掃除・洗濯・洗い物など、数えたらきりがないほど手を酷使して、水にさらすことのなんと多いことでしょう。

こんなに酷使しているにもかかわらず、手は皮脂腺がとっても少ないのです。手のひらには汗腺があるので手汗が気になる方でも、やはり手荒れが気になるのは皮脂不足だから。

水分不足なのに皮脂不足。水分だけでは、水分がさらに蒸発しやすくなる悪循環。バリア機能の弱い肌となってカサカサ、あかぎれ、炎症からひび割れ、さらには出血して痛みを感じることまで引き起こしてしまう、悲しい悪循環ループにはまり込んでいくのです。

手肌の乾燥が進むと、爪まで乾燥してくるので、甘皮まで毛羽立ちささくれ立って硬い角質となり、年齢よりも老けた手になってくることもありますね。

悲しい話はここまで!
老け手にならない、お手入れの方法をお伝えします。

まずは、日頃から手を保湿剤で保護し、洗いすぎに注意すること。かぶれの原因となる洗剤やシャンプーは避けること。
…とは言っても主婦や美容室にお勤めの方は、水仕事は避けられないし、シャンプーのお客様を何人もしなくてはならないですから、原因がわかっていても防ぐのが難しい場合もあると思います。

そんな場合でも、お肌に残っている水分がさらに水分を蒸発させるのだから、まず手に残っている水分をしっかりと取りましょう。パッパッと水を払ったくらいでは、乾燥に拍車をかけてしまいますよ。もちろん、タオルでゴシゴシなんてもっての外です。指の関節の横シワも、猫の手にしてしっかりと水分をタオルに吸収させてから、ハンドクリームを塗ってくださいね。

自分に合う、ハンドクリーム選び

木村先生コラム201902


【かゆみ】
かゆみのある方は、かゆみを止めるタイプでまずかゆみを抑えてください。かゆみがあると肌を掻き壊してしまうこともあるので、かゆみを止めることを優先してください。 かゆみがおさまった後には、保湿タイプに切り替えてください。

【あかぎれ・ささくれ】
あかぎれ、ささくれが出来ている方は、ビタミン配合のタイプがおすすめです。あかぎれ、ささくれが出来ている方は、血行が悪くなっていると考えられます。

【粉が吹いている】
手が粉を吹いている方は、お肌が硬くなった場所が出来ていると考えられるので、尿素配合のタイプで硬くなった角質を溶かすと効果が高まります。

【ひび割れ】
ひび割れの出来ている方は、プロペト配合のものがよいのですが、状態がひどい場合は、手に傷が出来ているのですから、病院受診を考えた方かよいかもしれません。

まずは、保湿を日々のケアとして心がけることが大切です。

スキンケアの「ついで」を習慣に

ダーマライズの化粧品をお使いの方は、お顔のお手入れのついでのハンドケアが良いかと思いますよ。

お顔にタップリと化粧品をのばしたあとに、残った化粧品を手にもプラスします。手のひらに取り人肌に温め、手の甲全体に塗った後は、猫ちゃんの手で関節のシワに丁寧に、指の間の水かきも乾燥していますのでお忘れなく。

バージンフィニッシュローションは、消炎やかゆみのある方に。
セラムクリームc-PAは、肌の内側と外側からバリア機能を強化します。
ダーマライズオイルは、乾燥・肌荒れに回復と血行促進にも。
お顔につけた後に、手にも順番に重ね付けしてみてください。


夜のお手入れでしたら、締めにセラムアクション・パウダーをパフしてみてください。さらにハードにお手入れするのでしたら、綿やシルクの手袋をしておやすみになったら変化も早いですね。

洗い物をするときにたっぷりとハンドクリームをぬったら、綿の手袋の上にゴム手袋をして、熱めのお湯で洗い物をするとスチーム効果で柔らかい手肌になりますので、洗い物が苦になりませんよ。

日中のお手入れならデイリーモイスチャーライジングミストをお顔につけた後に、手肌にものばしてください。ハンドクリームに負けない潤いを感じます。

最後に、パーツモデルさんは、手を使う撮影の時に、心臓よりも上に手を掲げ、バイバイのポーズで深呼吸をして、手の静脈を見えなくするテクニックを駆使しています。手の血管が気になったら試してみてくだい。ひと休みの深呼吸も忘れずに!

では、ゆっくりとお手入れの時間をお楽しみください。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

ヘアメイクアップアーティスト

木村 真規子

JJ,anan,25ans などの主力女性誌、各テレビ局、全日空、資生堂など日本の一流企業をクライアントとして持ち、広告業界の第一線で活躍。同時に人相学を学ぶことで、メイクで好感度をアップすると運命がよい方向に変化していくことを発見し、美運メイクを考案。 美と開運のナビゲーターとして活躍の場を拡げている。


Notice: Undefined variable: terms_slug in /home/users/web06/7/7/0273477/www.dermarise.net/wp-content/themes/dermarise/single.php on line 112
ページTOPへ